淡路島のおすすめのカフェ・お店・食材 など 淡路島ぶらり


  • 体験

スポンサードリンク

紙すき体験のできる和紙工房 松鹿 さん

北淡路の山の上に長沢地区というアート関係の人が結構集まっている(と私は思っている)長沢という地区があるのですが

そこに「和紙工房 松鹿 ギャラリーながさわ」という看板があります。

ずっと気になっていて、今回、お邪魔してきました。

 

右側の道を入ります。

駐車場のマーク。でも駐車場がよくわかりませんでした。

適当に置きました(^^;

 

車を降り、看板の案内通りに進みます。

古民家の前に看板が。

 

中を入ると、玄関のたたきの部分がギャラリーになっています。

紙すき和紙のできるまでの行程と、材料になる楮(こうぞ)が展示してあります。

 

正面には、書や絵手紙、塗り絵などが体験できるスペースがあります。

紙すき体験もできます(要予約)

 

建物の中には、オーナーの奥様が和紙で作られたひな人形や

息子さんの奥様が作られた、紙になる前の木の皮で作った服などが飾られていました。

売り物じゃないんだそうです。

紙すき和紙ができるまでを絵本にした和紙の本などがありました。

指が写りこんじゃってます。すみません(汗

 

和紙に絵を描いたもの、書を書いたもの、印刷した絵に塗り絵をしたものも。

なんかよくわからないけど、味があります。

 

 

   

和紙で作られた作品や、封筒、ランチマット等々

所狭しと並べてあります。

この棚には、たくさんの種類の紙が。

素材によって、和紙はいろんな表情を見せてくれます。

これはユーカリで作られた和紙。

ちょっと黒っぽい。

手すきの紙って、とても優しい感じがするんですよね。

 

ちょっと和紙がほしくて行ってきたのですが、いろんな質問にも答えていただき

いろいろ勉強になりました。

 

ギャラリーにはオーナーさんだけで、

不在にされてる事もあるようなので、できれば事前に連絡してから来てくださいとのことでした。

 

紙すき体験(要予約)

ハガキ  4枚分     500円

色紙   1枚分    500円

ミニ色紙  6枚分 1,000円

B5版   2枚分 1,000円

で、できるようです。

 

<和紙工房 松鹿 ギャラリーながさわ>

住所:〒656-2221 兵庫県淡路市長澤405

連絡先:TEL : 090-3992-6243

不定休


スポンサードリンク



Pagetop
脱毛 口コミ