淡路島のおすすめのカフェ・お店・食材 など 淡路島ぶらり


  • カフェ

スポンサードリンク

空飛ぶいちごハウス、GREENARIUM awajishima(グリナリウム 淡路島)ではイチゴの棚が頭上にある!?

実家の両親が淡路島に遊びに来たので、

両親、子どもたちとともに

GREENARIUM awajishima(グリナリウム 淡路島)

に行ってきました。

行ったのは3月3日(日)です。プレオープンの日以来です。


参考までに GREENARIUM awajishima(グリナリウム 淡路島) さんへの行き方


淡路ICを降りたら信号をそのまま直進。

ひたすら道なりに進むと、大きな風車が見えてきます。

その右手側を注意してみているとグリナリウムさんがあります。

道よりも低い場所にあるので、見逃さないように注意。

ペンションハッピーメイトさんが見えたら行きすぎです。

右手に GREENARIUM awajishima(グリナリウム 淡路島) さん が見えてきます。

ペンション 「ハッピーメイト」さん が見えたら行きすぎです。


今回は車がいっぱいだったので

お店まわりの写真を撮っていません。

プレオープンの時の記事はこちら。

プレオープンの時はガラガラだった駐車場。

14時ごろとランチは終わっているような時間帯でしたが、

お店の前の駐車場は車でいっぱい。

お店のさらに左手奥に駐車場があったので、そちらに停めました。


ちなみに、車は一方通行になっていて、

入るのはお店の前の駐車場側、

出るときは奥の駐車場のほうに抜け、メイン道路に出る

という感じになっていました。


ネットで調べると、オープンの日から多くの人がつめかけ

イチゴ狩りやピクニックのシステムが

いろいろとかわっていっているようでした。


というわけで、2019年3月3日(日)時点の情報になりますが

その後システムが変わったらすみません。

<br>

カフェはお客様が待っている状態だったので

カフェには入らずイチゴ狩りへ。

イチゴ狩りの受付はいちごハウスの前。

ここでまず入園料?を払います。

4歳以上1,000円、3歳以下無料です。

500円分のチケットを一人1枚渡されました。


収穫したいちごが量り売りになっており、

収穫したいちごを購入する際にこのチケットを使います。


ハウス内は土足禁止になっています。

プレオープンの時は、自分の靴の上にビニール袋で覆うようなスタイルでしたが

スリッパに変わっていました。

靴を脱いで、入口にあるビニール袋に自分の靴を入れます。

ハウス内にある貸出用のシートを敷いて場所を確保。

そこに靴を置いてイチゴ狩りに行きます。

いちご収穫用のはさみとパック。

手を消毒する消毒液もありました。

遅い時間の入園だったのと、たくさんお客様がいらっしゃるので、

熟れたいちごはあるんだろうか・・・

と若干不安に思っていましたが、美味しそうな苺がたくさんなっていました♪

さてさて、どのいちごがおいしいかな?

いちごをはさみを使って収穫し、パックに入れていきます。

いちご狩りは食べ放題ではなく、収穫するだけです。

ここで、スタッフの方に教えていただいたおいしいいちごの情報!

お店では絶対売っていない熟したいちごの見分け方です。

下手の少し下の部分が割れたようになっているのがわかるでしょうか?

このイチゴのヘタの下が出っ張ったような状態が

いちごが熟した一番おいしい状態なのだそうです。

「絶対にこれおススメです!!」

との言葉に、しっかり収穫♪


収穫したら、いちごを持って、中央のハカリのある場所にもって行きます。

このハカリで量ると金額が出るようになっています。

この時に、受付でもらった500円分のチケットを渡し

500円を引いた差額を支払ってイチゴを買います。


1パック約500円程度という計算なんでしょうね。

量り売りの場所の横にはミニトマトが売っていました。

貸出用のテーブルを持ってきてイチゴを食べまーす♪

宙に浮いた状態のイチゴだからか

いちごを洗わずにそのまま食べてOKなんでしょうね。

水はありませんでした。


いちごの味はしっかり甘くておいしい!!

しかもジューシー。

果汁がじゅわっと出てきそうなくらい。

もちろん、スタッフさんおすすめの一番熟したいちごは最高においしい!


いちごを満足するだけ食べて、残った分は持って帰ることに。

持ち帰り用に特に袋があった感じではなかったかな?

手持ちの袋があったので、特に考えずそこに入れて持って帰りました。


さて、カフェは入れそうになかったのですが

スタッフさんに聞いたところ、テイクアウトはできるとのことだったので

カフェに入ってテイクアウトでスイーツを買って帰ることに。

カフェの前ではトマトや玉ねぎなどが売っていました。

カフェ(レストラン)は席を確保してから注文するスタイルのようです。

店内はお客さまでごった返していたので

写真を撮ることはできませんでした。

こどもと一緒に「いちご畑」というスイーツとジェラートを注文。

お客様がたくさんいて、すぐに対応できないようで

レストランの隣にあるトマトの温室の中で待つように言われました。


温室で待つようにというのは、わかりやすいのと寒かったのと

というのがあるのかなーと感じました。

温室の中には椅子がいくつか並べてありました。

しばらく待ってやってきました、末っ子が注文したジェラートです。

ジェラートはバニラとイチゴと、あとは抹茶だったかチョコだったか忘れました(^^;

3種類の中から選びます。

そしてもう一つ注文していた「いちご畑」

まるで畑にイチゴが埋まっているみたい♪

スプーンがシャベルの形でかわいい♪

このクランチの下はカスタード。

カスタードの中には小さく切った果物やドライフルーツが入っていました。

カップの底にはコーヒーシロップの入ったスポンジが。


他にもおいしそうなスイーツがいろいろありましたよ(^^)


メディアでたくさん取り上げられて、お客様がいっぱいなので

このスタイルのようですが、落ち着いたらまた変わるのかな?


私は幸い予約なしでもいけましたが、

ピクニックは予約していったほうがいいようです。

https://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000203506/

前日の18時までの受付でメール・お電話でのご予約は受けられていないようですので注意!

インスタグラムで最新の予約・当日券の状況 がアナウンスされています。

https://www.instagram.com/awajinosimasaien/


<GREENARIUM awajishima(グリナリウム 淡路島) >

住所: 兵庫県淡路市野島常盤1550-10

営業時間: 10:00 ~ 16:00 ※営業時間は季節によって変わるのでHPで要確認

定休日:火曜日・水曜日

メールアドレス:info@greenarium.jp

HP:https://www.greenarium.jp/


スポンサードリンク



Pagetop
脱毛 口コミ